男性が敬語で話すのは脈あり?気になる心理や距離を縮める方法

恋愛

気になっている男性がいて、いつまでも敬語なんです。これって脈あり?脈なし?私はもっと距離を縮めたいんですが、、

相手にいつまでも敬語で話されると、脈なしなのかもと不安になりますよね。

できればタメ口でもっと気軽に話して欲しいけれど、どうしたらいいかわからないという人もいると思います。

男性が敬語で話すのは、いろんな心理があり、脈あり・脈なしどちらの可能性もあるようです。

距離を縮めるためにはこの心理を理解して、適切なアプローチをすることが重要です。

今回は、男性が敬語で話すのは脈ありなのか、男性心理を解説します!

また、脈なしの場合を見分けるポイントと、タメ口に変えて距離を縮める方法も紹介します。

気になる男性ともっと仲良くなるために、ぜひ参考にしてくださいね!

気になる男性ともっと距離を縮めたい、そう思っているなら会話術を学ぶことが効果的です。

SNSでも大注目の超人気恋愛コラムニストが解説する、会話の教科書。

4つの法則で分かりやすく解説されており、これを読めば自然と男性を惹きつける会話術が身に付きます!

楽天ブックス
¥1,430 (2023/06/26 11:14時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

男性が敬語で話すのは脈あり?男性心理を解説

敬語で話していると距離が縮まらず、脈なしなのかもと考えてしまいがちですが、必ずしもそうとは限らないようです。

敬語で話していて脈ありの場合、男性はどのような心理なのか、気になりますね。

また、どうしたら脈ありを見分けることができるのか知りたいですよね。

ここでは、脈ありのパターンと、その時の男性心理を解説していきます。

敬語で話していても脈ありのパターンもある

相手の男性に敬語で話されていても、脈ありの可能性は大いにあります。

具体的には、以下のようなポイントがある場合には、脈ありの可能性が高くなります。

  • 何かとあなたのことを気にかけてくれる
  • デートや食事に誘われる
  • 照れている様子がある
  • ちょっとした違いに気づいてくれる

タメ口で距離が近いように思う人でも、実は脈なしだったというパターンもあります。

敬語かどうかよりも、相手が自分のことを気にかけてくれているかといった視点で脈ありかどうかを判断するのが良さそうです。

それでは、次に脈ありの場合に男性がどのような心理で敬語を使っているのかを解説していきます。

人見知りで緊張している

男性が敬語で話してくる心理として、その人が単純に人見知りで緊張しているだけということも考えられます。

すぐに人と打ち解けてフランクに話すことができる人もいれば、それが苦手だという人もいますよね。

私はどちらかというと人見知りをするタイプなので、緊張する気持ちはよくわかります。

特に、恋愛経験が少なかったり、女性と話すことに慣れていなかったりする男性は、必要以上に緊張してしまって敬語になることがあるようです。

またこの場合、あなたのことが気になっているからこそ敬語になってしまうということも考えられます。

頑なに敬語を貫かれると、何か理由があるのかなと考えてしまいますが、そうでもないんですね

相手の男性が

  • 恋愛経験が少なく、女性に慣れていなさそう
  • 普段から人見知りで、人と一定の距離を保つタイプ

といった場合には、その人が人見知りでつい敬語になってしまうだけという可能性が高いでしょう。

まだ距離が縮まっていないから

まだタメ口にするほど心の距離が縮まっていないことが理由の場合もあります。

付き合いが浅い人に対しては、気を遣ってつい敬語で話してしまうことがありますよね。

また、仕事上で出会った人などは、失礼がないようにと敬語を使うことも考えられます。

この場合は焦らず、少しずつ心の距離を縮めていくことが大切です。

自分のプライベートな話をしてみたり、雑談をしてみたりして、少しずつコミュニケーションの量を増やしてみてください。

職場の人であれば、仕事に関係ない話題を話しかけてみるのもいいですね!

心の距離が近づいてくれば、自然とタメ口で話せるようになるかもしれません。

ちゃんとしているとあなたに思われたいから

あなたに警戒されたくない、ちゃんとしていると思われたいという気持ちから、敬語を使っていることも考えられます。

この場合はあなたのことが気になっている、脈ありの可能性が高いと言えます。

気になる人に対しては、自分の印象をよくしたいと思うものです。

気安くタメ口を使うことであなたに警戒されることを恐れて、あえて敬語を使っているということも考えられます。

タメ口にするタイミングがわからないから

タメ口に変えるタイミングがわからないからという理由で敬語で話し続けているというケースもあるでしょう。

異性に限らず、大人になって出会った人に対してタメ口を使うタイミングは迷いますよね。

実は相手の男性もタメ口に変えるタイミングを探っているということも考えられます。

この場合、何かきっかけがあれば一気にタメ口になり距離が縮まるということもあるでしょう。

気になる男性との会話を敬語からタメ口にする方法も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

男性が敬語で話す場合で脈なしを見分けるポイント

これまで男性が敬語を使う場合で脈ありと考えられる心理をご紹介しました。

しかし、敬語かどうかだけで脈ありかを判断するのは難しく、どちらもありえます。

特にあなたに対して何も思っておらず、タメ口にする理由がないと考えている可能性もあります。

また中には、一定の距離を保ちたいからとあえて敬語で話しているという場合もあるようです。

このような場合はその他の点も含めて見極める必要があります。

脈なしのパターンを見極めるためのポイントを紹介していきます。

脈なしであれば早めに見極めたいですよね。

業務連絡以外話さない

必要な連絡以外を話さないという場合は、脈なしの可能性が高いでしょう。

気になっていたり興味があったりする人に対しては、できる限り話をしようとするものです。

必要最低限の話しかしないとすれば、それ以上距離を縮める気が現段階ではないと判断するのが良さそうです。

しかし、もし今業務連絡しかしないという場合でも、話すきっかけがつかめていないだけということも考えられます。

相手の男性に関係ない話をしてみて、どういう反応をするかで脈ありかどうかを見分けることができそうです。

話をそらしたりスルーしたりする

何か話を持ちかけた時に、話題をそらされたりスルーされたりするという場合は、残念ながら脈なしと言えそうです。

男性に限らず、人は好意を持っている人の話は聞きたいと思うものですし、親身に寄り添おうとするものです。

脈ありか脈なしかを判断したい場合は、仕事や人間関係などの相談を持ちかけてみてください。

もし親身になって相談を受けてくれるなら脈ありの可能性が高いですし、話をそらしたりスルーしたりされる場合は脈なしと判断できるでしょう。

親身に話を聞いてくれない人と今後いい関係を築けないのはわかっていても、諦めるのはなかなか難しいですよね。

誘いがない、誘っても断られる

あなたの誘いに対して何度も断ったり、代わりの日程を提示してくれなかったりする場合も脈なしと言えそうです。

もしあなたに興味や好意を持っていれば、誘いを断るにしてもあなたを気遣った返事をしてくれるはずです。

こういった気遣いがなく誘いがないのであれば脈なしと見るのがいいでしょう。

一度ご飯やデートの誘いを持ちかけてみてください。

代替案なく断ったり、曖昧な返事をされる場合は脈なしの可能性が高いです。

自分から誘うの結構勇気が入りますよね

気になる男性ともっと距離を縮めたい、そう思っているなら会話術を学ぶことが効果的です。

SNSでも大注目の超人気恋愛コラムニストが解説する、会話の教科書。

4つの法則で分かりやすく解説されており、これを読めば自然と男性を惹きつける会話術が身に付きます!

楽天ブックス
¥1,430 (2023/06/26 11:14時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

男性に敬語からタメ口になってもらう方法

タメ口で話して欲しいけどどうしたらいい?

敬語を話す男性心理について紹介しましたが、いつまでも敬語で話していては相手との距離が縮まらないですよね。

そこで、敬語で話している男性にタメ口になってもらう方法を3つ紹介します。

タメ口で話すために大切なのは、タイミングです。

タメ口で話すタイミングが早すぎると、馴れ馴れしく感じて相手に警戒されてしまうこともあります。

早すぎず、遅すぎないタイミングを見計らうことが重要です。

タメ口で話しませんかと言う

相手の男性が警戒していないことがわかっているなら、あなたから直接提案してもいいでしょう。

特に相手の方が年下で敬語をなくすことを躊躇している場合は、あなたから提案することでタメ口で話せるようになるかもしれません。

「もう少し仲良くなりたいので、タメ口で話しませんか?」とストレートに相手に伝えるのもいいでしょう。

あなたとあえて距離をおこうとしていない限りは、こう伝えられて嫌な気持ちになる人はいないと思います。

自分からタメ口で話す

提案するのが難しければ、自分からタメ口で話してしまうというのも方法のひとつです。

とはいえ、いきなりタメ口になると違和感を感じてしまいます。

その場合はいきなり全部をタメ口にするのではなく、少しずつタメ口を織り交ぜていくのがおすすめです。

「今日はありがとうございました〜!楽しかった!また行きましょう。」などと自然な形でタメ口を使っていくと、自然と距離が縮まっていくでしょう。

また、リアクションをきっかけにタメ口を使うのもおすすめです。

「え、ほんと?」「すごい!」「やったー」など、ついタメ口が出てしまったような流れで話しましょう。

相手もタメ口になるならそのまま話し続けてもいいでしょう。

もし難しければ、「ついタメ口になっちゃった。せっかくだしこのままでもいいかな?」と聞くと違和感なく移行することができます。

あだ名やニックネームで呼び合う

あだ名やニックネームでお互いを呼び合うことで、タメ口で話しやすくなることもあります。

苗字に「さん」付けで相手のことを呼んでいると、どうしてもかたくなってしまいます。

そんな時は、相手のニックネームを聞き出してみてください。

ニックネームや下の名前で呼び合う仲になれば、自然とタメ口も話しやすくなるでしょう。

まとめ

  • 男性が敬語で話すのは脈なしとは限らず、人見知りの場合や、タイミングがつかめていないだけということもある。
  • あなたに良く思われるためにあえて敬語を話しているというような脈ありの可能性もある。
  • 脈ありかどうかはその他の行動もみて判断した方がいい。
  • 敬語で話している場合で、業務連絡以外話さなかったり、誘いを断ったりするなら脈なしの可能性が高い。
  • タメ口で話してもらうためには、心を開いてもらうことが重要。
  • ある程度仲が深まっているなら、あなたから敬語をやめてみることもおすすめ。

今回は男性が敬語で話すのはどういった心理があるのか、脈あり脈なしを判断するポイントについて紹介しました。

また、タメ口に移行して距離を縮める方法についてもお伝えしました。

恋愛に限らず、人との距離を縮めるのは迷うことも多いですが、ぜひこの記事を参考にして前向きにアプローチをしてみてくださいね。

気になる男性ともっと距離を縮めたい、そう思っているなら会話術を学ぶことが効果的です。

SNSでも大注目の超人気恋愛コラムニストが解説する、会話の教科書。

4つの法則で分かりやすく解説されており、これを読めば自然と男性を惹きつける会話術が身に付きます!

楽天ブックス
¥1,430 (2023/06/26 11:14時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました